昔話と日本人の心 - 河合隼雄

河合隼雄 昔話と日本人の心

Add: xocyco31 - Date: 2020-12-04 23:48:46 - Views: 8878 - Clicks: 9452

河合 隼雄(かわい はやお、1928年〈昭和3年〉6月23日 - 年〈平成19年〉7月19日)は、日本の心理学者。 京都大学 名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。. 100分de名著 河合隼雄スペシャル 第3回「昔話と神話の深層」解字 「浦島太郎」「古事記」など日本人に古くから親しまれてきた昔話や神話の中に、西欧の自我意識とは異なる日本独特の意識が現われていることを解明した河合隼雄の思想とは?. 昔話の中に日本人の心を探る 子どもの本に造詣が深いユング心理学の第一人者であり、現在文化庁長官の河合隼雄著 6刷 普通 昔話と日本人の心 ¥ 1,100. 昔話や神話といった古くから伝わる物語は、いわば私たち日本人の心の深層を映し出す鏡だ。 また、昔話や神話は、私たちが生きていく上での. 定本昔話と日本人の心 責任表示: 河合隼雄著 ; 河合俊雄編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,.

神話と日本人の心/河合 隼雄(心理読みもの)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. これらの昔話を通して、日本の伝統精神とは何かを語るのはやはり非常に難しいテーマには違いない。断片的な切り口の昔話の後には、しかし奥行きのある何かが残されているように思われる。それ故に語り継がれてきた昔話だからだ。 しかし、これまでの考察の中で何点かはっきりわかるところを整理していくと、 一、日本人の中に流れる精神と言うのは極めて女性的性格であるということ。西洋は男性が主役や救世主になるが、日本は女性の優しさや美しさが救世主として強調されている。 二、日本の昔話の中では、万物すべて人間と同等に並び、女性や自然の美だけが宝物のように存在する。昔より、自然を美として大切に思い愛する心が非常に強かったことがわかる。自然愛、そして万物へ対する敬意と、八百万の神の国であることの教えまで話の延長線上に見えてくる。 三、「無」という概念が非常に強いと言うことだ。つまり「ハッピーエンド」にならずほとんどが「元に戻る」。「欲を持つ」「下心がある」ということに対する反発が大きい。故に成功するのは「無欲」という状態であることが強調される。仏教的な背景を含め、「無」や「盛者必衰」という概念を思い、それこそが人生であるとの教えている。また「自然体」という生き方、考え方が示されているともいえる。 四、どんな存在であっても大切にすべきだ、と述べている。すべてのものには意味があり、すべてを大切にしなければいけないということを基本にしている。障害ある子や人、人間以外の生物まで大切にしていくことを基礎にしている。その結果として、人間の幸福と言うものを獲得するという展開が多くの昔話に見受けられる。 以上4点こそ、昔話によって受け継がれてきた日本人の伝統精神であると考えられる。 明治の改革の中で国定教科書にこれらの昔話が載せられ、日本人の価値観を決定する大切なものとなった歴史がある。そして、金太郎などは当時の子供の理想像とされるまでになった。それほど、教育的にも子供の価値観を育むのに有意義なものとして認められてきたのが昔話なのである。先人が苦労を重ね語り継ぎ、推敲してきたベストセラーにほかならないのである。 しかし、今日の日本では、書店に行っても、日本昔話というものがほとんど見当らなくなっている。最近、私はたくさんの書店を探し回った挙句、インターネットからようやく探し出して買うことができた。これだけの. 現代人は,いかにして「神話の知」を見いだすことができるのか-.日本を代表するユング派心理学者であり,『昔話と日本人の心』などの著作で独自の物語論を展開する著者が,日本神話の意味とその魅力をわかりやすく語る.『古事記』『日本書紀』の世界を広い視野からよみとき,日本人. 『昔話と日本人の心 (岩波現代文庫―学術)』(河合隼雄) のみんなのレビュー・感想ページです(19レビュー)。. 現代につながる日本の臨床心理学の礎を築いた河合隼雄先生。箱庭療法をはじめとした心理療法を臨床の現場で実践・普及させるなど、臨床心理学者として多くの業績をのこした。教育や文化、児童文学など、幅ひろい探求心で多くの仕事をこなすかたわら、晩年まで、クライアント一人ひとり. 稲田浩二 講談社 1996 「100分 de 名著」の番組公式サイトです。誰もが一度は読みたいと思いながらも、なかなか手に取ることができない古今東西の「名著」を、25分×4. そんな時に偶然読んだのが『昔話と日本人の心』です。 昔話と日本人の心 (岩波現代文庫―学術) 作者: 河合隼雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: /01/16 メディア: 文庫 昔話と日本人の心 - 河合隼雄 購入: 6人 クリック: 24回 この商品を含むブログ (30件) を見る 作者は河合隼雄。.

河合 隼雄『昔話と日本人の心』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約39件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 独自の視点から日本の文化や社会、日本人の精神構造を考察し続け、物語世界にも造詣が深かった。 著書は『昔話と日本人の心』(大佛次郎賞)『明恵 夢を生きる』(新潮学芸賞)『こころの処方箋』『猫だましい』『大人の友情』『心の扉を開く. 心理学者である河合隼雄氏は、著書『昔話と日本人の心』(1~2頁)の中で 、「昔話に対する最近の関心の高まりは、急激な近代化や国際化の波にもまれて、日本の人々が己のアイデンティティを、古くから伝えられている昔話のなかに探し出したいという. 河合隼雄 岩波書店 日本人が親しんできた昔話を世界中の物語と比較し、その普遍性と文化的固有性を見据えて日本人の固有な文化と心のあり方を探る。 日本昔話100選. 3.昔話に出てくる女性を通して日本人の心情を検証する 河合隼雄は著書『昔話と日本人の心』の中で、キリスト教を基本とし、すべては父なる 神へと至る「父権的意識」が根底にある欧米の社会にし、日本は「母権的意識」の強い. 今月のEテレ(NHK教育)での番組「100分de 名著」は「河合隼雄スペシャル」でした。11年前に亡くなった臨床心理学者の河合隼雄氏が執筆した4冊の本を取り上げ、解説されました。河合隼雄氏は、日本におけるユング派心理学の第一人者であり、箱庭療法を日本に紹介するなど、カウンセリング. 『神話と日本人の心』(河合隼雄) のみんなのレビュー・感想ページです(15レビュー)。作品紹介・あらすじ:日本を代表するユング派心理学者であり、『昔話と日本人の心』などの著作で独自の物語論を展開する著者が、日本神話の意味とその魅力をわかりやすく語る。.

定本昔話と日本人の心 - 河合隼雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 「昔話と日本人の心」 河合隼雄 /04/13 18:22 0 - 前回は、グリム童話を素材に、昔話の心理学的基盤というものを見てきました。. 心理療法家河合隼雄が「女性の意識」に着目し、日本昔話を世界の民話や伝説と比較しながら読み解く。 日本人の精神構造を昔話から解明した著者の代表作に、著者自身による解題「序説 国際化の時代と日本人の心」を収録し、定本とした決定版。. 3番目として取り上げたいのは「浦島太郎」である。内容はここで説明するまでもないほど、日本人に愛され、平安時代より語り継がれてきた。これほど深く日本人の心に訴え続けてきた話の中には一体何があるのだろうか。 浦島太郎の歴史を見ていくと時代によって話の内容は少し異なっているようだ。御伽草子では助けた亀が女性となり迎えに来ると語られている。その女性と結婚して竜宮城で暮らすが、両親が心配になって玉手箱をもらいその女性と別れるという話が、それ以降の時代になると、助けた亀に連れられて竜宮城に行き、乙姫様にもてなされ、玉手箱をもらい竜宮城を後にするという話になる。つまり、恩返しに現れる神秘的な女性の扱いが、時代を経るごとに変わっている。現在定着しているのは後者の方であるが、その意味を、河合隼雄は次のように分析している。 「鶴の恩返し」にも見てきたように、日本の文化は女性を重んじる文化であり、そして如何に女性が神秘に満ち溢れた力を有し、大切かを説いた昔話が多いかを改めて感じさせられるのである。その反面、男性についてはいかに努力しようとも女性には追いつくことが出来ない「あわれさ」や「滑稽さ」を玉手箱というものを通して伝えている。ハッピーエンドにならない日本の昔話の典型でもあり、まさに日本人の伝統や精神を重んじる内容であることがよくわかるのである。. 河合隼雄の「昔話と日本人の心」は、日本に住む私たちが長い時間をかけて培ってきた自我や理想を示唆してくれます。 幸運にも、第7章「耐える女性」では「手なし娘」を取り上げています。. 河合隼雄がユング心理学の手法で、グリム童話から日本昔話まで古今東西の伝説や昔話を読み解き、現代人の心の課題を浮き彫りにする。 単行本未収録の村上春樹『海辺のカフカ』論も収載した、現代文庫オリジナル版論集。. 昔話、日本人の心について興味のある人には、おすすめの良書。 なお、本書は、岩波現代文庫版で新しく刊行されいる。 関連 『定本 昔話と日本人の心』河合隼雄(・岩波現代文庫). 『昔話と日本人の心』は、河合隼雄の数多い著作の中でもとくに名著として名高い。 河合は、西洋の近代的自我の成立過程を解き明かしたユング派分析家エーリッヒ・ノイマンの『意識の起源史』における方法論を援用しながら、日本の昔話を分析することで、日本人のアイデンティティの.

次に「桃太郎」と「一寸法師」についてみていく。ここに語られている内容には非常に共通したテーマが存在する。それは老夫婦が突然何かを通し、小さな子供を授かり、その子が成長して、家庭に幸福をもたらすという話である。同時に鬼という存在があって、これが災いをもたらすのである。 「桃太郎」からは男性たるものは忠義(犬)、知恵(猿)、勇気(キジ)の三つの要素を備えてなければいけない、正義を愛してこそ本物の男なのだと教えられてきたであろう。また「一寸法師」からはどんな小さくて、虚弱な子供であっても、大切に育てていけば逆境を乗り越えて、美人になったり、たくましく育ったりして、家庭に幸福をもたらしてくれるのだと一般的に教えられている。 ではここでは「火男の話」を例にとってみよう。まずは概要である。 あるところにおじいさんとおばあさんがいた。おじいさんが山へ柴刈に行き、大きな穴を見つけた。おじいさんはその穴を塞ぐつもりで一束の柴を入れるが、それは穴の中に入ってしまい、三日分の柴が一つ残らず穴に入ってしまった。穴は思いのほか深かった。すると、若い女性が穴から出てきて柴の礼を言い、「一度穴に来てください」とすすめる。穴の中には、女性と白鬚の翁、一人の童がいるのだ。その童を連れて帰り育てていくうちに、へそから金が出てくることがわかった。しかし欲ばりな婆さんが、金のほしさにへそを棒でつつくと、童は死に、元に戻ってしまうのである。 これに似たような話はたくさん日本の昔話に存在するが、西洋には存在しない。西洋にあるのは「欲」がありすぎるとすべてを失うと言う話であり、この話のように「無欲」と「欲」のバランスを図る昔話は存在しないのである。つまり、桃太郎や一寸法師もそうだが「無欲」でいい行為をしていくことにより、「幸福」がもたらされるが、「欲」がわいてくると、良いことも「無」になってしまう。すなわち、「無欲」こそが日本人の伝統的な最高の精神美であると伝えようとしているのである。内にある欲望や醜い心を持っていてはいけないと強調するのだ。. 「昔話と日本人の心」 河合隼雄 定価: ¥ 2,200 河合隼雄 本 book 人文 社会 カバーに多少の汚れがありますが、中身はキレイです。よく知っている昔話の深層心理が興味深いです。. See full list on mskj. 河合隼雄『昔話と日本人の心』もこの類に属するといえるだろう。 」すなわち河合の説は「材料に使った昔話が、日本人の間から生まれたという前提があってはじめて成り立つ」が、その話の多くは外国から伝播してきたものであるから、河合の説の土台. このような人間像は、現代において、日本人が「あはれ」や「うらみ」を克服する実践的なモデルになるのではないかと感じました。 昔話と日本人の心 河合隼雄 炭焼長者 意志する女性 日本論 あはれ うらみ.

河合隼雄は、スイスでユング心理学を学び、日本で心理療法を始めました。しかし、欧米の合理的な心理学が日本人の心の問題に応用できないことに気付きます。そこで先生が注目したのが、日本の昔話や神話です。古くから伝わる物語の中に、心の構造が映し出されていると考えたのです. 昔話と日本人の心/河合 隼雄(岩波現代文庫:岩波現代文庫)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 臨床心理学者の河合隼雄(1982)『昔話と日本人の心』によれば、日本人に古くから親しまれてきた昔 話には日本独特の西洋とは違う自我の意識が現れており、構造的にも違いがみられるという。日本で古. まず「鶴の恩返し」という昔話を取り上げてみることにしよう。簡単なあらすじを書いていく。 誰もが知っているこの話には、日本人の文化や精神が宿っているものと考えられている。しかし同じような話は世界にいくらでもあるのではないか。さまざまな文献を探ってみると同種の話は確かに他国にも存在する。だが決定的な違いが3点もあって、そこには確かに日本人の精神を垣間見ることができる。以下、それをこの後説明していこう。 (1)「部屋をみるな」と禁止され、それでも好奇心に負けてしまい見てしまうという昔話は世界中に存在する。しかし、河合隼雄が主張するように「部屋を見るな」「中を見てはいけない」というのは、日本では若い女性であるのに対し、西洋では男性が多く、あるいは魔女や神様という超人的な存在である。部屋の中には、日本の場合は繊細な美や自然の美を強調するものが多いが、西洋は死を連想させるものが多い。そして禁を犯すものが日本は男性であり、海外は例外なく女性なのである。 (2)結論を見ていくと「鶴の恩返し」などの禁を犯してしまった結果、日本では女性が悲しみの中、去っていき、禁を犯した方はもとのままである。これに対し、西洋では禁を犯した者は罰を受け、その罰から女性を救い出すほかの男性が登場し、幸福な結婚に結びつくというのが大体の結末となっている。 (3)ここで最も意外な相違点は、鶴が人間になり恩返しをするという行動である。西洋では、人間が魔法にかけられて動物になることはあるが逆は絶対にありえないのだ。 以上3点の違いに見られる日本人像を分析していこう。 明らかな相違は西洋は男性が救済に現れ、女性を救うということだ。つまり西洋は強い男性像を描いていることで共通している。しかし、日本では違う。女性が恩返しをし、裏方でも女性が一番活躍するのである。日本は制度的に男性社会でありながら、女性を大切にしており、昔話では女性が主人公として活躍する点が極めて日本的なのである。そして、のぞき見を禁止された部屋に存在する自然の美、また動物が人間に変化することができるということにこめられた自然への敬意こそが日本人の根底に流れる精神として見ることが出来るのである。.

昔話に出てくる殺害、自殺、変身、異類との婚姻、夢などは何を意味しているのか。 西洋と日本の物語パターンの違いとは何だろうか。 河合隼雄がユング心理学の手法で、グリム童話から日本昔話まで古今東西の伝説や昔話を読み解き、現代人の心の課題. 昔話は世界各地に存在している。それは神話や伝説とはどこが違うのか。世界各地に存在する昔話と日本のそれを比較することによって、日本の伝統的な精神要素や文化的な特質を見出すことができるのではないだろうか。私はこの内容の下に第一章では昔話とは何かについて概略的に述べ、第二章以降において、如何に日本の昔話が、日本の伝統精神を表現したものであるのかということを示していきたい。 まず、昔話とは何か。昔話とは、主要登場者の一つの行為を中心に構成され、文芸としての一定の型を物語の単位として持っているものをいう。具体的に「桃太郎」「浦島太郎」はこれにあたる。一方、伝説や神話とは、これは人物や山・川・池などの具体的なものに結びついて、それが事実存在したことと信じる人々によって伝承されるのを言い、具体的には、「山の争い」「雨乞地蔵」など、各地にそれぞれが存在している。余談ではあるが、戦後日本では、昔話と伝説をまとめて「民間の説話」の意味で「民話」と呼ぶことが多く、しばしば昔話と同義語で用いられてきた。 次に昔話の起源を探ると、これは本来口伝えのもので文字で残されたものではないから、最初に語られのはいつかは判定しにくいという。文献を探っていけば昔話・伝説・神話の起源は一つに行き着くが、現在まで広く語り継がれているのは昔話なのである。この辺の歴史的経緯は後ほど詳しく説明していく。 日本昔話をその系譜で見ると、日本民族が独自に生み伝えてきたものと、海外の異民族から伝えられ日本化した話と、二つの系列に分けることが出来る。前者の例としては、「火種盗み」「穀物盗み」といった人類史上の進歩を表す話がある。多民族の文化から伝わってきた例としては、「イソップ物語」を日本語に訳し、「伊曽保物語」とした仮名草紙が非常に有名である。 平安時代の説話を集めた「今昔物語集」が「今は昔の物語・・・・」と伝えられ始め、その衰退後に現れた「御伽草子」では昔話が庶民文学として好まれた。一方草双子から「御伽噺」として江戸時代に定着した昔話もある。明治期になって「御伽草子」「御伽噺」などをあわせ、「日本昔話」がまとめられ、これが現在の「昔話」につながっている。中でも「桃太郎」「一寸法師」「浦島太郎」「花咲爺」「酒呑童子」(金太郎の登場)「鶴の恩返し」などは、明治20年代に子供向きに書き換えられることによって広く日本人の心.

昔話と日本人の心 - 河合隼雄

email: ubenu@gmail.com - phone:(744) 237-6390 x 7649

奥伊豆 観音温泉 - 野口冬人 - シンコーミュージックスコア編集部 女性ヴォーカリストの人気J

-> はじめて読むマシン語 - 村瀬康治
-> 徳島県立富岡東中学校 適性検査予想問題集A5 - カーサ・フェミニナ教育研究所

昔話と日本人の心 - 河合隼雄 - Tokyo愛情物語


Sitemap 1

自然が見える!樹木観察フィールドノート - 姉崎一馬 - 現代イラクのイスラーム主義運動